南極ペンギン大冒険部屋

主に音楽について語る部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Mr.Children LIVE FILM 「REFLECTION」

Mr.Children 『REFLECTION』



昨年秋に行われた、ミスチルのファンクラブ会員限定ツアーの映像を収めたLIVE FILM。

この作品の見どころは色々あるけど、注目は何といっても未発表曲がいち早くお披露目されていること。6月に発売決定したニューアルバムに収録されるであろう新曲が多数演奏されているので、ニューアルバムがどんなものになっているのか、この作品を見ることである程度知ることが出来る内容になっている。

ということで、早速見てきました。結論、次のアルバムがどんな作品になるのか、逆に予想がつかなくなってしまった。
映画を見るまで、次のアルバムは個人的にミスチルでのアルバムで傑作だと思っている「シフクノオト」や、「SENSE」「DISCOVERY」に負けない名曲集になるんじゃないかと勝手に期待と予想を膨らませていた。

そして映画で披露された未発表曲を一通り聴いて思ったことは、

「これ、次のアルバムボリュームありすぎて胃もたれするんじゃないか?」 

それぐらい濃密な楽曲ばかりだった。

この映画で披露された未発表曲は全部で7曲。「FIGHTCLUB」 「斜陽」 「蜘蛛の糸」 「I can make it」 「進化論」 「幻聴」 「未完」 と題された数々の新曲。聴いた感想を簡単に書いていくと…

「FIGHTCLUB」
イントロの、ギターが音階を駆け上っていくようなカッティングが印象的。疾走感のあるギターポップ。これまでの楽曲でなら「PADDLE」「HOWL」に近い印象。最近のミスチルでは珍しいぐらいギター全面。

「斜陽」
昨年の「FNS歌謡祭」でも披露された楽曲。ロシア民謡?大瀧詠一?イメージとしては西部劇に流れていそうな…。

「蜘蛛の糸」
一転、スローテンポな楽曲。サビのメロディラインは綺麗すぎてラルク(TETSUYAが作るような)バラードに近いイメージ。演奏前のMCでは芥川龍之介の作品からインスパイアを受けたような話も。

「I can make it」
USロックのような骨太さを感じた曲。ミスチルの作品で言うと、アルバムの中間に入りそうな曲と言えば分りやすいんだろうか…

「進化論」
このライブで演奏された時点ではデモ段階のようだったので、アレンジはシンプルなバンドサウンドだったはず(うる覚え)。
逆にアレンジ次第では相当な名曲になりそうな、雰囲気のある曲。

「幻聴」
FANTASYと並んで、間違いなく次のアルバムのハイライトになりえる楽曲。これまでの曲と比べても「蘇生」「擬態」と同等かそれ以上のレベル。イントロの高揚感、Aメロの突飛な早口感からサビへの期待度を高めるBメロ、そして期待以上のサビ…。シングルで出さないほうがおかしいぐらい。

「未完」
音だけ聞いたらミスチルとは気づかないぐらい、初々しいぐらいストレートなギターロック。メロの入れ替わりの瞬間になるギターのカッティング、サビでの絶叫など、完璧ロックバンドだった。この映画の最初では「旅人」という、ミスチルの中でもかなりはっちゃけたロックバンド然した曲があるけど、それに近い印象。

・「旅人」




とまぁ色々書きましたが、これらの新曲だけでも十分なボリュームな作品を出せると思えるぐらいの、濃密な楽曲群。さらにこれらの曲だけでなく、既に発表されている「REM」「放たれる」「足音 ~Be Strong」「melody」、そして元日からCMで流れている「FANTASY」も控えている訳で。


・「REM」


・「足音 ~Be Strong」


・「FANTASY」 ※CMのみ


「FANTASY」についてはサビしか流れていないけど、もう全盛期に負けず劣らずの名曲の匂いしかしないという…。
※桜井氏曰く、「HANABI×ロビンソン」という王道ポップとのこと。

ということで、「これだけのボリューム、一つのアルバムに収まるの?」と思った訳で。メインディッシュ、3番、4番バッター勢ぞろいといった様子なので、アルバムならではの遊んだ曲、良い意味での息抜き曲がないと胃もたれしてしまいそうなぐらい、一曲一曲が際立っていた。

ファンクラブの会報や音楽雑誌のインタビューで桜井氏は未発表曲は22曲ほどあると言っていた。もしかしたら映画で披露された曲以外の楽曲も入るかもしれないし、逆に映画で披露された曲が入らない可能性もある。
さらに言えば来月から始まるアリーナツアーでは更に別の未発表曲が披露されるかもしれない。2枚組のアルバムだって可能性もある。

次のアルバムがどんな作品になるかはわからない。でも今のミスチルを見ると、名盤になるとしか思えないぐらいの作品を出す期待しかない。
スポンサーサイト
  1. 2015/02/07(土) 23:40:49|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年間ベストソング

早いもので今年ももうあと2、3日で終わりますねぇ。2014年の音楽シーンも色々ありましたが、そんな一年を、
「年間ベストトラック」
「年間ベストアルバム」

この二本立てで振り返ってみます。


まずはベストトラックから。
基本、自分の好み大前提ですが、その上で他の人にも聴いてもらいたい、伝えたいと思う曲をセレクトしたつもりです。

選んだのは20曲。まず10曲を掲載、その後の10曲はベスト10形式で掲載します。ではどうぞ。


きゃりーぱみゅぱみゅ ファミリーパーティー


三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE r.y.u.s.e.i


シャムキャッツ AFTER HOURS


パスピエ 七色の少年


ふくろうず マーベラス!


吉田ヨウヘイGroup ブールヴァード


negicco 光のシュプール


くるり Liberty & Gravity


Shiggy jr. Listen To The Music


いきものがかり ラブソングはとまらないよ


⑩aiko 君の隣


⑨SWIM SWEET UNDER SHALLOW Safari


⑧赤い公園 NOW ON AIR


⑦クルミクロニクル VOICE ft. USAGI DISCO


⑥BUGY CRAXONE なんとなく Be happy


⑤the HIATUS unhurt


④homecomings I Want You Back


③きのこ帝国 東京


②BUMP OF CHICKEN ray


①椎名林檎 NIPPON





1位は椎名林檎の「NIPPON」。2位のバンプとどっちを1位にするか本当迷ったけど、初聴のインパクトがあまりにも印象深かったので「NIPPON」で。ここ数年はオーケストラ調のアレンジによる曲が多かったけど、数年にたまに出てくるストレートロックナンバーは本当ハズレが無い。事変ナンバーになるけど「群青日和(作曲者はH是都Mですが)」にも引けを取らないキャッチーさだと思う。間奏のギターからラストまでの異常な盛り上がりはいつ聴いてもアガる。

2位のバンプについてはやっとライブで「天体観測」を超える盛り上がりを作る曲がきたなと。東京ドームでのライブを筆頭に、今年のバンプは積極的に表に出た一年だったけど、この曲があってこその活動だったのかなと思えるぐらい、聴く人を選ばないポップさ。むしろ紅白で聴いてみたいぐらい。

3位のきのこ帝国、4位のhomecomingsについてはともに去年ネットで初めて知って、いいなとは思ってたのですが今年で完全にファンになりましたわ。決定打といえる名曲を出してきて、その後のアルバムもとてもよかった。今最もライブを見たい2組。2組ともまだ20代前半~半ばのバンドということで、これからにも期待。

若手では他に赤い公園、クルミクロニクルの曲も。赤い公園は正直これまでは"小難しい事を詰め込む"タイプの印象だったけど、「NOW ON AIR」を初めて聴いたときはあまりにポップでびっくり。逆にクルミクロニクルはポップな一面だけでなく、「LEVEL3」のperfumeなみに振り切ったEDMサウンド。現在活動休止中なので、来年受験が終わったらまた札幌に来てほしいものです。

SWIM SWEET UNDER SHALLOWは完全に今年の拾い物。初めて聴いたときはまんまスーパーカーかと思ったけど(笑)。
今のエレクトロシーンはEDMに代表されるような、テンションの高い曲が多い中、そこではなく音色の響きに重点を置いた、この落ち着き感は逆にインパクトあると思う。

若手だけでなく、HIATUS、ブージー、aikoといった中堅、ベテランのアーティストからも名曲がたくさん生まれて、今年は本当豊作だったんだなと実感。

ベスト10からは漏れたけど、今年は他にも色々なジャンルから良いと思える曲が生まれて、音楽が充実していた一年でした。
こうしてみると女性ボーカルばっかだな…。去年も同じようなこと書いたけど、ポップな曲調×女性ボーカルの組み合わせがきっと好みにマッチしてるんだろうなぁ。

しかし、まだまだ聞けていない曲も多く、もっと色々な音楽を聴きたいと思う…けど、これ以上追うのは不可能と思うぐらい、今の音楽シーンは多様化してるんだなと実感。メジャー、インディー、CD、配信、SNS…あらゆるアーティストが、あらゆるフォーマットで音源を発表できるこのご時世、聞きたい音楽が多すぎるし、時間もないのが現状。他の人たちよく色んなアーティスト見つけれるなと感心するぐらいだし(苦笑)


そんな中で今回あげた曲を見ると、自分の好きな曲はやっぱり「歌」「メロディー」「ポップ」この3つに重きを置いたものなんだなと実感。難しいものは慣れない(苦笑)

まぁ気負わず、これからも単純に、良い曲に巡り合いたいのは変わらないので、少しでも気になったら聴いていこうと思います。

次回は年間ベストアルバムを更新します。
  1. 2014/12/28(日) 22:58:56|
  2. 未分類

洋楽10年代ベストトラック10

音楽大好きクラブの管理人、pitti 2210さんの発案により始まった企画。邦楽に引き続き洋楽でも参加してみました。
改めて内容を振り返ってみますと、




しかし邦楽と比べると聞いている幅も狭く、いざ選んでみると随分ベタな選曲になってしまったかなと。。。
自分の「好きな曲」、「良い曲」と感じる基準はやはりキャッチー、自分の中にフックを感じられるものなんだなと実感。

ということで、今回洋楽から選んだのは全部で10曲!順番でランク付けしている訳ではないです。あくまで書き連ねっていっただけなので、あしからず。


Vampire Weekend - Diane Young


Daft Punk - Get Lucky (ft.Pharrell Williams & Nile Rodgers)


Mumford & Sons - I Will Wait

rcade Fire - Reflektor


The Pains Of Being Pure At Heart - Masokissed


Coldplay - Every Teardrop Is a Waterfall


Carly Rae Jepsen - Call Me Maybe


Owl City & Carly Rae Jepsen - Good Time


Cloud Nothings - Stay Useless


Radiohead - Morning Mr Magpie



洋楽ももっといろいろと掘り下げて聞いてみたいのですが、どうやって広げていくか・・・
とりあえずフジロックやサマソニ出演者の情報から好きそうなのを聞いてっているもので、そこでマムフォードやペイングを知ったわけなので、来年からは実際に参加してみたい。実際に洋楽のライブを生で体験すればもっと理解が深まりそうな気がしている今日この頃。

このブログを見てくれている方で、おすすめの洋楽があればぜひ教えてください!
  1. 2014/09/27(土) 18:48:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LUNA SEAライブから感じ取った、「バンド」の魅力。

LUNA SEAのライブに行ってきました。

LUNA SEAのライブを見るのは二回目。前回は彼らが「終幕」と銘打った、2000年に行われた東京ドームでのラストライブ。あの時は友達に誘われて行ったのだけれど、周りのファンの方々の悲壮な雰囲気が印象強かった。それがまさか14年後にこうして再び見ることが出来るとは思いもよらなかった。

ライブを見て、LUNA SEAの魅力はSUGIZO、J、INORANそれぞれ異なる音楽性を持った三人の作る多様な楽曲群、そして演奏スタイルだと感じました。

少しオーバーな感じもしたけど、体全体を使ったアクション、メンバー同士向かい合いながらの演奏、ステージを駆け回りながら観客を煽るなど、あんなダイナミックな動きのある演奏を魅せられたら楽器演奏してみたくなるし、バンドだって組みたくなる。ライブをしてみたい!とも思わされる。

個人的な考えとして、曲そのものが良くないといけないことは前提で、曲の持つ雰囲気を最大限引き出すために、演奏力に「曲を魅せる」演奏スタイル。

LUNA SEAが今も現役で、数多の若手バンドから支持される理由はそこにあると思いました。

ライブに話を戻すと、セットリストはベスト盤のツアーかと思うほどシングル曲メイン。新しいアルバムの曲が少なめだったのは気になったし、活動再開後の曲で評判の高い「Thoughts」が無かったのは残念だけど、その点を除けば十分満足。
「TONIGHT」「END OF SORROW」「gravity」「STORM」「I for you」…一曲一曲がハイライトといっても良いぐらいにカッコ良かった。

その中でもハイライトは「ROSIER」。イントロ、サビのスピード感、ツインギター、間奏の英詞によるコーラス?、ビート感など、聞きどころ盛り沢山。まさにV系バンドの王道かつ目指すべきカッコ良さが詰まった楽曲。当然の如く檄アガリしましたよ。

アイドルやダンスグループが大半の今の音楽シーン、最前線から「バンド」というものは減ってきているけれど、バンドの魅力というのを、LUNA SEAのライブから感じることができました。うん、やっぱりバンドはカッコ良いよ!

  1. 2014/09/14(日) 22:47:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年代ベストトラック30

音楽大好きクラブの管理人、pitti 2210さんの発案により始まった企画に勝手ながら参加しました。内容は、



というもの。こういう企画って大好き。企画内容としても日本のメディアでは広告の兼ね合いからほとんど出来ない企画だし、単純に誰がどんな曲好きなのか、そして自分の好きな音楽を振り返るいい企画だと思う。

実際、リストアップしてみると「あぁ、自分ってこういう曲好きだったんだなぁ」とか、再発見する部分がたくさんあったし。

しかし、他の人のツイートにはこんなのも。



412曲は凄すぎるだろ…いやーこの人とは一度どこかで一晩語り合いたいわ。

ということで、今回選んだ30曲は以下!順番でランク付けしている訳ではないです。あくまで書き連ねっていっただけなので、あしからず。

1.天野春子「潮騒のメモリー」


2.contrary parade「リトルトレモロ」

※曲単体では動画なしのため、アルバムダイジェスト版の動画をアップしてます。6曲目が該当の曲となります。

3.tofubeats feat.森高千里「Don't stop the music」


4.aiko「君の隣」


5.BUMP OF CHICKEN「友達の唄」


6.Mr.Children「Prelude」


7.ねごと「メルシールー」


8.school food punishment「after laughter」


9.宇多田ヒカル「goodbye hapiness」


10.椎名林檎「NIPPON」


11.BUGY CRAXONE「なんとなくBe Happy」


12.Perfume「GLITTER」


13.ASIAN KUNG-FU GENERATION「踵で愛を打ち鳴らせ」


14.東京事変「新しい文明開化」


15.星野源「くだらないの中に」


16.Homecomings「I Want You Back」


17.シャムキャッツ「AFTER HOURS」


18.パスピエ「七色の少年」


19.のあのわ「STAR HOUSE」


20.クルミクロニクル「Voice ft.USAGI DISCO」


21.the birthday「なぜか今日は」


22.秦基博「初恋」


23.きのこ帝国「海と花束」


24.the hiatus「unhurt」
この曲だけ探しても動画なしのため、収録されているアルバムジャケットを掲載しています。



25.Especia「ミッドナイトConfusion」


26.サカナクション「ルーキー」


27.LUNA SEA「Thoughts」


28.中村一義「歓喜のうた」


29.くるり「ロックンロール・ハネムーン」
こちらも動画なしのため、収録されるアルバムジャケットを張ります。


30.Shiggy Jr.「Saturday night to Sunday morning」



いやーこうしてみると、総じて「ポップ」な曲が多い。昔は玄人ぶりたくて、色々なジャンルの音楽を聞いてみようともしてましたが、合わないものは合わず、今は自分の中で良い意味で分かりやすいものがピンとくるようになった気がします。

この企画楽しかったー。発案っしてくれたpittiさん、ありがとうございます。


  1. 2014/08/20(水) 23:46:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。